【洋画】9・11を忘れない。事実をベースにしたテロ映画5選

このエントリーをはてなブックマークに追加
📽洋画感想🎬

2001年9月11日(火)の朝、誰も予想しなかった大事件、アメリカ同時多発テロ事件がありました。

旅客機4機がアルカイダのテロリストにハイジャックされ、
ワールド・トレード・センター、ペンタゴン(アメリカ国防総省本庁舎)へ墜落。

当時幼かった私ですが、テレビを通して観た
ワールド・トレード・センター倒壊の恐ろしい映像は
今でも鮮明に記憶に残っています。

今回は、本テロ事件を題材にした映画数作品と
その他実際にあったテロ事件を映像化した映画をご紹介したいと思います。

もう悲惨なテロ事件で悲しむ人が現れないことを祈って。

ースポンサーリンクー

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ベストセラー小説を映画化。
テロ事件によって父親を失った子供の苦しみを描いた名作フィクション

楽天ブックス
¥1,320 (2023/09/28 03:33時点 | 楽天市場調べ)

ジャンル:ドラマ(フィクション)、ミステリー

出演:トーマス・ホーン、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック
監督:スティーヴン・ダルドリー(作品「愛を読むひと」「リトル・ダンサー」)
制作:2011年
感動⇨4.3
おすすめ度⇨3.8

この作品の注目ポイント
  • 喪失感に苦しむ家族を描いた名作
  • 最愛の父を突然失った息子(アスペルガー症候群を持つ)役という難しい役柄演じる
    子役のトーマス・ホーンの名演技!
主演を演じた子役は
なんと本作が初演技出演です!

残された遺族の深い悲しみと家族の絆に泣きます!

“最悪の事件”によって父(トム・ハンクス)を亡くした
息子オスカー(トーマス・ホーン)と母(サンドラ・ブロック)。

人と関わるのが苦手で不器用な少年オスカーが、
亡き最愛の父との繋がりを求めて思い出をたどり大冒険をします。

騒音、初めての場所、知らない人、苦手なものがたくさんある幼い少年が
冒険を通して様々な人と出会い、
困難に一人で立ち向かっていく姿にワクワクする一方、
喪失感に苦しむオスカーの姿が 痛々しく胸が締め付けられそうになりました。

鑑賞中、何度も主人公に
「がんばれ・・・がんばって・・・!」って呟いてしまいます。

距離感を保ちながらも息子を見守る母を演じる女優サンドラ・ブロックにも注目です。

オスカー役を演じた子役、トーマス・ホーンの正体は?

本作で主人公役を演じたトーマス・ホーンの深い感情表現は秀逸です。
なんと彼は本作が初出演、初主演というから驚きです!!

彼は当時、スペイン語、北京語、クロアチア語を操ることができ、
アメリカのクイズ番組に出演し、何万ドルもの多額の賞金を得た神童でした。

テレビ番組での活躍を見たプロデューサーに
本役を勧められたのが出演のきっかけだそうです。
本作の主人公も頭の回転が早く、優れた記憶力を持つ人物ですが
完璧に表現されていました!

特典映像付きのDVDでは彼の役作りに関する映像が多数収録されているので、
より本作を楽しみたい方はぜひDVDで鑑賞していただきたいと思います!

新規ご利用開始でレンタル無料クーポンが貰える「ゲオ宅配レンタル」

ユナイテッド93

まるでドキュメンタリーを見ているかのような作品。
次々と起きる恐ろしい展開に目が離せません!

楽天ブックス
¥1,320 (2023/09/28 03:33時点 | 楽天市場調べ)

ジャンル:事実の再現ドラマ

監督:ポール・グリーングラス(作品「ボーン・スプレマシー」「キャプテン・フィリップス」)
制作:2006年
リアリティ⇨5.0
おすすめ度⇨3.7

この作品の注目ポイント
  • 無駄な演出がなく、客観的。
    ドキュメンタリーのようなリアルな描写
  • まるで一緒にハイジャックされた機内に乗っているような緊迫感
  • 地上の管制センターや米軍基地関係者役の多くは実際の関係者が出演!
当時事件に関わった本人が多数出演。
リアリティがあるわけだわ

未曾有の事件に騒然とする現場、
混乱し怯える登場人物達の姿に胸が痛みます。

2001年9月11日火曜日の朝、
アルカイダのテロリストによって旅客機4機が、ハイジャックされました。

そのうち2機はワールド・トレード・センタータワーへ
3機目はペンタゴン(アメリカ国防総省本庁舎)へ、
そして4機目のユナイテッド航空93便は・・・

ユナイテッド航空93便の離陸からの様子が描かれている本作は
ハイジャック犯の視点やジャックされた機内の乗客の姿が客観的にリアルに描かれています。

キャストは、管制官や陸軍司令官など多くは本人が出演しており、
その他の出演者もほとんど無名の俳優が出演しているためかなりのリアリティ。

偶然この飛行機に乗り合わせたというだけで、
恐ろしい事件に巻き込まれる人々、
彼らの恐怖を思うと胸が苦しくなります。

ワールド・トレード・センター

911はアメリカの歴史上、
最も多くの消防士および法執行官が死亡した事件でもあります。

ジャンル:ノンフィクションドラマ

出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール
監督:オリヴァー・ストーン(作品「スノーデン」「7月4日に生まれて」)
制作:2006年
スリル⇨4.2
おすすめ度⇨4.0

この作品の注目ポイント
  • 被災したワールド・トレード・センターの当時の状況と二次災害がリアルに描かれている実話
  • 現場の向かい、人命を助けにいく警官たちが被害に遭い救助を待つ側になる無念さ
  • 被災する人物、被災者家族、捜索ボランティア、救助隊、事件を取り巻く人々の人間模様
当時の混乱や、
ビル崩壊による恐ろしい二次被害が描かれているの

被災者の避難援助のため現場に向かうも
二次災害に巻き込まれ、瓦礫に埋もれてしまった警察官たちを描いた作品

俳優ニコラス・ケイジ
港湾局警察に勤めるベテラン巡査部長(実在の人物)のジョン・マクローリンを演じます。

飛行機の墜落によって騒然とする現場や、
飛行機墜落直後のビルの上層から

印刷用紙が次々と舞い降る異様な光景が印象的でした。

ジョンたち警察官は上層階に取り残された人々を避難誘導しようと現場に駆けつけますが、
誰も予想しなかった二次被害が発生。

二次被害による倒壊シーンは一瞬ですが、凄まじく恐ろしかったです。

何が起こったのかわからない状況の中、
身動きが取れない恐怖、痛み、爆発が続く瓦礫の下。

恐怖に耐えながらも、普段は無口な主人公が
生き残った仲間と必死に励まし合いながら救助が来ることを信じて長い時間を待ち続けます。

助けに行くはずが、行ってすぐ何もできずに瓦礫に埋まってしまう無念さ
頭に浮かぶのは家族のことばかり・・・

混乱する現場は危険で要救助者の捜索がなかなか進みません。
そんな中自分の危険を顧みず自主的に深夜の捜索に向かうボランティアの姿も。

多くの人が関わるなか、救助活動はどうなるのか

多くの人の手から手へ・・・
クライマックスでの主人公の言葉、行動に涙が止まりませんでした。

え? なんでこの映画に出演したの?
本作出演10数年後に意外な映画に出演したニコラス・ケイジ

映画「ワールド・トレード・センター」では
実在の被災者を演じたニコラス・ケイジでしたが、
こちらの作品「オレの獲物はビンラディン」ではなんとビンラディン捕獲のためにパキスタンに向かう、
日本刀を振り回す変なおじさんを演じます(コメディ映画)

なんとこちらの作品も実話です💧

ニコラス・ケイジはなんでも演じちゃいますね!!
気になる方はぜひご覧ください^^


ゼロ・ダーク・サーティ

アルカイダの一味、ビンラディンを追う若い女性CIA捜査官。
自ら前線である危険な地域に足を運び命をかけて捜査します

楽天ブックス
¥1,177 (2023/09/22 15:37時点 | 楽天市場調べ)

ジャンル:ドラマ、サスペンス、スリラー

出演:ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク、レダ・カテブ、クリス・プラット
監督:キャスリン・ビグロー(作品「デトロイト」「K-19」など)
制作:2012年
緊迫感⇨4.3
おすすめ度⇨3.2

この作品の注目ポイント
  • ビンラディン捜査に関わった人々の苦悩を知ることができる
  • 当時起きたテロ事件やパキスタンの様子がわかる
  • アジトへの潜入シーンには緊張が走ります

タイトルの「ゼロ・ダーク・サーティ」は軍事用語で午前0時30分を指すそうです。

主役は20代半ばの若い女性CIA捜査官・マヤ。

一向に手掛かりをつかめないビンラディン捜索チームに抜擢されます。

配属されたばかりの時は、過激な拷問現場に目を背けていたマヤですが、
続く一味の残虐なテロ行為や仲間の死によって、次第に捜査にのめり込んでいきます。

政府からの規制によって、捜査が進められなくなったりと難航します。
自ら危険な地域へと向かい、前線で戦う人々の姿が衝撃でした。

クライマックスでの襲撃シーンは手に汗握ります。

Memo

ちなみに、本作には映画「ジュラシック・ワールド」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「アベンジャーズ」シリーズ出演と何かと話題の俳優、クリス・プラットも出演しています。
気になる方はぜひ本作で探してみてください。

楽天ブックス
¥1,320 (2023/09/22 15:37時点 | 楽天市場調べ)

ースポンサーリンクー

おまけ。911ではないですが、インドで実際に起きたテロ事件をもとにしたおすすめ映画です

ホテル・ムンバイ 👈【イチオシ!】

信仰、ルーツ、家族、生死、職業観。
恐ろしいテロ事件に巻き込まれていく悲運の人々の行動に目が離せません。

ヤマダ電機 楽天市場店
¥3,689 (2023/09/22 22:47時点 | 楽天市場調べ)

ジャンル:ドラマ、スリラー、サスペンス

出演:デヴ・パテル、アーミー・ハマー
監督・脚本:アンソニー・マラス
制作:2018年
リアリティ⇨5.0
おすすめ度⇨4.5

この作品の注目ポイント
  • 劇中で描かれる、宿泊客を身を挺して守るホテルの従業員達の勇気ある行動に感動
  • ぶつかり合う宗教観、人種、ルーツに関する問題に、何度も考えさせられる
  • 主人公を努めるデヴ・パテルの好演に注目!
危機迫るシーンに何度も息を呑みました!!

5つ星ホテルに勤める従業員役として、デヴ・パテルが主人公を好演!

インドの都市ムンバイにある五つ星ホテルの若手の従業員アルジュン(デヴ・パテル)はいつも通りホテルへ出勤します。

しかし、武装したテロリスト集団がホテルを占拠。

美しい高級ホテルが一転、
破壊と殺戮が繰り返される絶望的な現場となり
500人以上の宿泊客と従業員が恐怖にさらされます。

その中には赤ん坊の姿も・・・

なかなか到着しないテロ殲滅部隊。
無惨な殺戮を繰り返すテロ犯たちは幼さ残る洗脳された青少年達。

ここまで人を非情にさせる信仰や宗教って一体なんなんだろうと本作を通して何度も考えさせられてしまいます。

本作で注目すべきは犯人グループの宗教だけでなく、
主人公や他の登場人物の宗教観や人種、ルーツも描かれている点です。

次々起こる恐ろしい事態に怯えながらもそれぞれ考え、
行動する従業員や宿泊客達の行動に目が離せませんし非常に見応えのある作品です!

注目俳優デヴ・パテル × 実話作品

誠実な好青年役が似合う俳優デヴ・パテル。

インド系移民の両親を持つ、イギリス出身の俳優です。

彼が主演を努めるノンフィクション映画は名作ばかり。
以下3作品はどれもおすすめです。
彼の真心のこもった演技をぜひお楽しみください^^

スラムドッグ$ミリオネア

デヴ・パテル初映画主演作品にしてアカデミー賞8部門受賞した名作。
主人公の壮絶な人生に衝撃を受けます。倫理観の低いインドの警察の言動を見て、インドではなく日本に生まれてよかったと思ってしまいました。

奇蹟がくれた数式

楽天ブックス
¥3,683 (2023/09/26 20:45時点 | 楽天市場調べ)

インドで独学で数学を学び、独自のセンスで次々に難問を解く天才数学家ラマヌジャン
ケンブリッジのトリニティ・カレッジへ単身向かいますが、文化の違いや周囲からの差別に苦悩しつつも数学と向き合います。

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜

楽天ブックス
¥1,210 (2023/09/26 20:45時点 | 楽天市場調べ)

インドで5歳の時に迷子になり、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子に出された主人公サルー。
養父母に大切にされ、幸せな生活を送るが、実の母と兄にどうしても会いたい彼は朧げな記憶を頼りに探し始めます。


ースポンサーリンクー

さいごに。

悲惨なテロ事件を映像化した作品はどの作品も当時の様子がリアルに再現されていて、
重厚なストーリーのものばかりです。

今回ご紹介した作品は以下5作品です

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
ユナイテッド93
ワールド・トレード・センター
ゼロ・ダーク・サーティ
ホテル・ムンバイ

一瞬にして多くの人の命が奪われるテロ事件。

ただ、偶然その場にいたというだけで、
無惨に命を奪われた被害者達やその家族の気持ちを思うといたたまれなくなります。

被害にあった、ワールド・トレード・センターがあった跡地には現在、
耐久性が高められた新しい建物が建てられ、
事件を後世に残す為、国立9・11記念館・博物館(9・11メモリアル・ミュージアム)があるそうです。

悲惨な事件があったあの日、
悲しい思いをした人が数え切れないほどいた事を忘れず、
二度と悲惨な事件で悲しむ人が現れないことを祈って。

今回はここまで🌸

suno
suno

それではまた!

sunoでした

当サイトでは、映画にまつわる記事を多数発信しております。

もっとお勧め映画をチェックしたい! という方は、
ぜひこちらの記事「年間映画カレンダー」もチェック^^

みなさんが素晴らしい映画と出会うチャンスになったら幸いです。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

\ スポンサー /





コメントいただけるとめっちゃ喜びます!⛄️

  1. じゅん より:

    たまに、すのうさんのブログを見ています。
    丁寧な説明に、観たことない作品やと
    観たくなります😆
    良い映画を、皆に伝える熱い想いが伝わってきて、楽しみにしてます😆

    • じゅんさん、コメントありがとうございます!
      同じく映画が好きな人に記事を見ていただけるのが1番の幸せです^^

      Junさんの映画の知識や映画への愛にいつも感銘を受けてます・・・!

タイトルとURLをコピーしました